(写真を触ると拡大します)
 トマトの病害虫
 ハダニ類、トマトサビダニ、アザミウマ類 
    葉に黄色の斑紋が現れる。
大きさや形は千差万別で一定ではない。
 この3種の判別は防除の上で極めて重要だが、
診断には虫メガネが必要です。
 アザミウマ類   ハダニ類
 葉の裏が小さな斑紋状に銀白色
になり、その部分に黒い点状の汚れがある。小さな黄白色の細長い虫が見つかることがある。
 小さなダイダイ色の虫が
見つかり、透明な球(卵)
がたくさん見つかる。
 トマトサビダニ 
 虫は見つからない。果実に汚れや破裂、
茎の表面の褐褐変化が起こる。 
 オオタバコガ 
  果実に孔があき、そこから褐色の虫糞がこぼれ出る。
アオムシが食入している。
 ニジュウヤホシテントウ 
  28個の黒紋のあるテントウムシ(成虫)が葉を齧って、
階段状の傷跡を残す。
  幼虫は黄緑色の柔らかい虫でたくさんの黒い突起を装う。
 トマトハモグリバエ 
  葉に曲がりくねった白い筋状の斑紋ができる。
ハエの幼虫が葉の中をトンネルを掘る
  ように食い進んだもので、発生が多い時には葉全体が
白い筋で占められる。
 チューリップヒゲナガ
アブラムシ
 モモアカアブラムシ
 淡緑色の虫が集まって汁を吸う。 赤褐色、または淡緑色の虫が
寄生する。
 青枯れ病   萎凋病

  ある日、葉が突然に萎れて枯れる。葉がじわじわと枯れる。

  どちらの病害も土壌中にいる病原菌によって、
根が侵されて葉がしおれて枯れる。
  発病してからは回復の対策がない。翌年も発生するので、
栽培場所を変更する。

 黄化葉巻き病 
 
 葉が小さくなってねじれ、その後の成長が止まる。